消費者金融のキャッシングは総量規制に注意

2014.4.17|消費社金融

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

okanew

消費者金融のキャッシングに申込みしたら、どなたでもご利用できるわけじゃなく、 必ず所定の審査を受けて通過することが必要です。 アルバイトやパートでも安定した収入があれば審査に通過しやすいのが消費者金融のキャッシングですが、 他社からの借入額が多いと審査に通過しない可能性があります。 それは個人の方は貸金業者から総額で年収の3分の1までしか借り入れできないという制限が掛けられているからです。 既に他社から年収の3分の1近くまで借りている場合は審査が厳しくなってしまいます。 一度でも年収の3分の1を超えたら借りられないわけじゃなく、返済が進めばそれだけ借りられる分が回復していきます。 消費者金融のキャッシングをご利用したら利息の出費を抑えるためにも、できるだけ早めに返済されたほうが良いです。 最近の消費者金融ではホームページで簡易診断を行っています。 生年月日や年収、他社からの借り入れ状況など簡単な入力だけで、すぐに融資可能かどうか結果が分かります。 簡易的な審査なので実際にご利用するには、本審査を受けて通過することが必要ですが、 本審査に申し込む前に受かるかどうか参考にすることができます。 簡易診断に受からないときは本審査に申し込んでも受かる可能性は低いです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL